カテゴリー「旅行・地域」の48件の記事

天草へ

1泊2日で天草へ行って来ました。

目的はイルカウォッチング!

この歳で?なんて笑わないでください。

私、動物が好きなんです~

もう、とっても楽しくってまた行きたいくらい。。。

朝は7時過ぎに出発

塚原から湯布院を抜け、熊本へ・・・

途中、道の駅に寄りながら(ご当地名産が当たるかもしれないスタンプラリーしてます)

先ずは熊本ラーメン「黒亭」でお昼を。

Img_1170

時間も早めだったのでちょっと待っただけで入れました~

Img_1171

私は普通のラーメン

Img_1172

主人はチャーシューメン

スープは濃いのにさっぱりと言う感じ。

麺は中太麺、とても美味しかったですね。

途中、道の駅で寄り道

Img_1173

青のりソフトとやらを頂きました。

(イマイチsweat01

Img_1174

Img_1176

天草五橋を渡り、予定時刻より早く到着したので16時のイルカウォッチングの予約を早めてもらう事に。

Img_1183

出発です♪ わくわく♪♪

Img_1184

テンションはハイに♪♪♪

Img_1217

きゃ~♪ イルカ~♪ 

Img_1232

船と一緒に泳ぐイルカが可愛くて、気持ちはマックス♪♪♪♪

Img_1304

こんなですよ~

可愛すぎます~heart04

こんなに慣れているイルカ、餌付けをしているのかと思っていたら全くの野生だそう。

そして好きな船頭さんがいるらしく、イルカが魚をくわえて船の中に投げ込んでプレゼントするんだとか。

ちょうど、赤ちゃんイルカのいる時期で親子で並んで泳いでいました。

Img_1309

イルカがどこから現れるかわからないので、写真のタイミングがうまく掴めず娘達から「サメに見える」とブーイングの写真ばかり・・・

Img_1234

この日の天草は38.6度だったとニュースで流れてました。

暑さを忘れる楽しさ!

小さな子どもさんも沢山来てました。

Img_1330

宿は「じゃらん」でネット予約した四季咲館。

イルカウォッチングと夕食、朝食がついて1人 11800円也

驚きの安さだわ・・・

Img_1332

海の見えるツインをとりました。

温泉に入って浴衣のまま夕食です。私は柚子酒、主人はノンアルで乾杯

Img_1339

アワビが生きてる~

これは後ほど踊り焼きに。

Img_1333

カマス棒寿司、里芋田楽焼、蛸柔らか煮、海老佃煮

Img_1334

羽鰹のたたきサラダ

Img_1335

平目姿作り

Img_1340

万匹味噌漬

Img_1342

そして鮑踊り焼

Img_1344

熊本和牛ステーキ

Img_1346

なんと、ホテルの方がお造りのヒラメの骨を唐揚げにしてくださいました~

Img_1347

とうもろこしの揚げ物、パプリカの酢の物添え

Img_1348

蓮ご飯

Img_1350

赤出汁のすまし仕立て

Img_1351

晩柑ムース

Img_1352

翌日の朝食はこんな感じでした。

Img_1356

さて、朝8時の船で島原へ渡ります。

鬼池港より口之津港まで車を乗せて30分くらいの乗船です。

Img_1361

この日の目的は佐世保で佐世保バーガーを食べる事、そして波佐見焼を買う事。

ナビで行きましたよ~、佐世保バーガー・・

ところがこの真裏でナビが終了するのでこのへんグルグル3回も周り、コンビニに行って聞きました。わかりやすい場所なのにわかりにくいという場所でしたね(笑)

な~んだ、裏側だったのか・・・

ここにはヒカリさんとログキットさんが自転車さん?を挟んで並んであります。

ヒカリさんは店休日だと調査済みだったのでログキットさんへ。

Img_1362

中に入ってビックリ!

すごい沢山の人が待ってる~

待つ場所も無いので、この札を持って下でお待ちくださいとのこと。

出来上がったら携帯にワンコールしますと言う事で車の中で30分くらい待ったかな~

その後はもっとすごい人で溢れてました。

平日なのに・・・

早めに行くべし。

Img_1364

ようやくお昼です。

スペシャルバーガーにしました  880円。

これじゃ大きさわからないって事で、

Img_1367

iPhoneを並べてみました。

直径は15㎝はあるバンズと思われます・・・

ビーフ100%のパティ、レタスにトマト、玉子、ベーコンをサンドして甘めのマヨネーズにブラックペッパーが効いてましたよ。

大きい~

半分ちょっと食べたあたりで無理そう・・・・・

さすがに食べれなかったので主人に食べてもらいました。

Img_1368

そして波佐見焼を見に行き、

我が家には夫婦茶碗がない・・という主人

仕方ないなぁ~

と言う事で大小購入。

Img_1448

とってもステキです

Img_1447

そしてマリンなこちらも購入。

7色あったけど、とりあえず5色だけ(残りは次行った時のお楽しみ?)

Img_1422

イカリの絵柄と中のカモメが可愛くて今回の記念に。

Img_1446

夕方、別府に到着。

夕飯は別府の天心軒さんで別府冷麺を食べて帰宅

Img_1369

なんと楽しい1泊2日だったことか・・・

海沿いを走り、イルカウォッチングして温泉入って、みんなにおススメしています。

但し、お天気じゃないと半減かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ旅行⑧ 番外編

ヨーロッパで買ったもの。

自分に欲しいと思うものはあまりないのでお土産だけ少し・・・

ドイツで創ああとに絵本、美優に積み木。

次女にはシュタイフのテディーベア

Img_1136 

次女には何故かいつもテディーベア。

小さい時から喘息がありビーニーベイビーズ(洗えるぬいぐるみ)のクマを買ってあげていたからか・・・つい・・・

きっと欲しいものなんて、お土産には無いと思うし。

 

フェイラーのグリム童話シリーズのハンカチは家族で共用。

以外と高い・・

これで1万以上しますもん・・・

Img_1135 

ドイツで小さな小さな木の置き物

なんかスイングする坊やに惹かれた~ なんで惹かれたかよくわからないけど。

Img_1132 

モンサンミッシェルの塩キャラメル

店で会った千葉の浦安から来られたという日本人観光客の方に「にこれは絶対にここでしか買えない」って教えてもらったので。

その方、かなり沢山買われてましたよ。

Img_1122 

長女にはフランス製のアイフォンカバーとエッフェル塔のインテリアシール。

自分にはドイツとスイスで小さなナイフを買った以外何にも買わなかったな・・・

てか、お土産買わない旅がしたいくらいなんですけどね。

待ってる方は「えぇ~ 何にも無いの?」と思うかな?・・・

配り用のモンサンミッシェルのクッキーのお土産を適当に買って終了。

そんなに買わないのにいつもスーツケースの重量制限ギリギリで帰ってます。

何が重いのかしら・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ旅行その⑦ ルーブル美術館を後に

モンサンミッシェルから再びパリへ戻るには約5時間かかります。

パリへ戻った後、ルーブル美術館を観光したのだけど、人、人、人で人に酔ってしまいました。

実は以前、プラド美術館がとても楽しかったので今回のルーブル美術館もとても楽しみにしていたのです。

でも、あまりの人の多さと空調の効いていない美術館・・

正直めまいがしました。

お友達のSちゃんと再び「気分悪いね・・・・・」と気持ちは一致。

モナリザなんてこんな具合。

Img_1112 

Img_1111 

正面から写真を撮ったはずなのに、帰ってパソコンに取り込むと

「ない!」

なんで?

スリの多い中、私勇気を出してかき分けて正面まで行ったのに???

Img_1114 

ミロのヴィーナスはバッチリ。

てか、ここあんまり人居なかったしなぁ~。

広い館内は全ての絵を見るには3日も4日もかかるらしく、私たちは主なもの見ただけで3時間・・・

ヨーロッパの8月はサマーホリデー、参りましたsweat01

人がいない時に来たい~sweat02

何となく中途半端なルーブル美術館を後に空港へと向かいました。

Img_1117

日本到着は8月2日夜の8時過ぎ。

そこから高速バスに乗り、自宅に到着する頃は8月3日になる頃でした。

夜も遅いのに主人が迎えに来てくれました。

8月2日、お誕生日おめでとう!

Img_1119

皆にお祝いしてもらって良かったね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨーロッパ旅行その⑥ 来てみたかった

モンサンミッシェル。

今回の旅で一番来たかった目的の場所です。

Img_0926 

遠くにモンサンミッシェルが見えてきました。

ここはフランスの西海岸にあり、満潮時と引潮時の差は15m以上、なので満潮の時は海にポッカリ浮かぶ小島となり、引潮の時には道が現れるのです。(日本の小豆島のエンジェルロードみたい)

その前に昼食。

恒例のワンドリンク

イチゴにしてみました。以外と美味しい♪

Img_0930 

モンサンミッシェルと言えば料理上手のプラールおばさん秘伝の名物料理、ふわふわの「オムレツ」ですよね。

Img_0931 

これにポテトとチキン

Img_0932 

デザートにアップルパイ

Img_0933 

これくらい?と思うでしょう・・・

なんでかこれでもお腹いっぱいになり食べれないのです。

オムレツは食べたけど、チキンは半分くらい、ポテトはほとんど食べてませんし、パイは味見程度でもう食べれなかったよ・・・

フランスはだいたいこんな感じ。

お昼のポテトは外せませんって感じで出てくるので旅行中ほとんど口にしませんでした。

日本人からすると見た目が食欲をそそらないというか・・・・・

Img_0932_2 

日本だったらこうでしょう(笑)

見た目も大事、栄養バランスも大事、季節感も大事、味も大事。

と、いうことで

ようやく来ました。モンサンミッシェル!

好き過ぎて何と昼、夜、朝と3度も足を運んでしまった(笑)

ウミネコの鳴き声が雰囲気を盛り上げ、とても良い感じでしたよ。

大天使ミカエルがオベールの夢に現れ、、「あの岩山に聖堂を建てよ」と命じたのだけど、オバールはただの夢だとそれを信じなかった為、3度目に現れた時にオベールの頭に指を突っ込むという強硬手段でお告げを示したそうです。

翌朝、オベールは自分の頭に穴が開いていることに気づいて愕然とし、ようやくお告げが本物だと確信し、小さな礼拝堂を造ったそうなのです。

Img_0935 

中へ入ってみます。

ここはTVにも良く出るプラールおばさんのレストラン。

Img_0944 

そして修道院

Img_0986 

18世紀末のフランス革命時に修道院は廃止されて1863年まで国の監獄として使用されていたという名残も残っています。

修道院から海を見ると

Img_0990 

なんてロマンティックな事をしてるんでしょう?

Img_0991 

Img_0991_2 

修道院内部のガーデンです。

Img_1012

そして夜10時を過ぎたモンサンミッシェルへと再び足を運びました。

Img_1064 

夕暮れ(10時なのに)時はライトアップされたモンサンミッシェルが素敵なんです。

実際見ると心が洗われると思います。

Img_1068 

そして早朝5時に出かけたモンサンミッシェルは昼や夜とはまた違ってとても清々しいのです。

Img_1080 

Img_1095 

夜が明け始めました・・

Img_1101 

今、モン・サン・ミッシェル本来の美しい姿に戻す環境整備工事が始められているそうです。

今から120年ほど前に島へ通じる道路が造られ、さらに駐車場もつくられた結果、潮の流れがせき止められ砂がたまり、かつての光景は見られなくなってしまったそうです。

後少しで以前のように海の中に浮かぶモンサンミッシェルが見れるようです。

また来れるかしら?

いつかきっと美しい景色を取り戻したモンサンミッシェルを再び訪れてみたいと思いました。

* 朝早く写真を撮っていると私の足にカタツムリ君が

   「おはよう」

   って這い上がってきていた~

Img_1104 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ旅行その⑤ 暑いパリ

パリへ到着したのは夜遅く。

ヨーロッパは日が長いので夜になるのが日本と違い、段々時間の感覚がわからなくなってきます。

この日宿泊するホテルは空港の近く、キャビンアテンダントさんやパイロットの方々が沢山宿泊されていて、その制服で違う地にきてる気がしました。

ホテル ルレ スパ パリ ロワシー モダンな5星ホテル

とてもオシャレなホテルでしたよ。

フランスはここに2泊です。

Img_0915

なんと、ミニキッチン付き!

食器とかも全てセットされていたのでここでフルーツを食べたりしました。

Img_0916

Img_0917

Img_0918

バスタブとシャワーの場所が別々なので何か使いづらい・・・

浴槽に浸かった後、シャワーは移動ですから床はビショビショになる訳で、一旦拭いてシャワーへ行きましたが翌日はシャワーだけで済ませました。

翌朝の朝食は

Img_0919

サーモン・生ハムのサラダ、ベーコン、スクランブルエッグ、クロワッサン、パンケーキ、フルーツ、カプチーノと盛りだくさん食べました。

右手前のチーズらしきもの、チーズじゃなくてバターだった(笑)

ホテルを出発してルイ14世が建てた豪華絢爛なベルサイユへ。

チケットを求める人の列・・・

Img_0758

スペインのサグラダファミリアはもっとすごかったけどココもすごい行列~

Img_0661

Img_0665

Img_0749

Img_0678

Img_0705

ここは鏡の間、シャンデリアはレプリカだそうだけどキレイでした。

Img_0717

これは本物のシャンデリア、キラキラが違います。

Img_0718

壁やベッド、今でも女性に支持されるデザインだと思いますね。

Img_0725

なんと、このベルサイユ宮殿は建築費820億、庭園には780億かけたそうですよ。

ベルサイユ宮殿の後、お昼にエスカルゴを食べました。

Img_0771

ヨーロッパはこのドリンクが曲者で、マナーとして必ずワンドリンク頼まないとならない・・・

それもチップを付けて。

この旅行でドリンクだけで1万かかりました・・・

Img_0772

エスカルゴ、生まれて2回目です。美味しかった~

私は大好きです。

娘がフランスに行った時はカタツムリと思っただけで全く食べれなかったとか。

美味しいのに・・・

(ご飯はマズイのだ)

Img_0773

デザートはかなり甘かった~(゚ー゚;

Img_0774

Img_0776

凱旋門

Img_0785

エッフェル塔

天気がイマイチでしたから残念な写真です。

そんな訳でこの後お友達とデパートの屋上のカフェでパリの街を眺めながらお茶しました。

38度あったこの日、暑くて暑くてそれだけで何かとっても疲れたよ~sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ旅行その④ 再び山へ

この日は朝から雨。

Img_0891 

雷も伴い、朝からずぶ濡れで駅へと向かいます。

Img_0897

Img_0902

さすがスイス、駅の時計はとても大きなオメガです。

この日も登山列車に乗り、マッターホルン観光。ローテンボーデンを通り過ぎ標高3130mのゴルナーグラート展望台へ。

Img_0890

天気が良かったら高山植物を見ながら歩いて貴重な写真が撮れたのに・・残念!!!

「うん、何か今日は大丈夫そう。」って思ってたら・・・

この日は賑やかなお友達のSちゃんが全く喋らない!!

何時もは「ちょっと黙ってて!」っていっつも言ってた私もさすがに様子の違うSちゃんが気になって「大丈夫?」と声を掛けてみると、顔色も血の気が無く固まってる・・・

「体調悪い?」

「気分悪い・・・吐きそう・・・」

そのセリフ、前の日の私と同じセリフだわ・・・

ヤバい。

山々の氷河のパノラマを見るどころか、ココアを買いに行って座り込んで・・・・・

私と入れ違いで高山病になったSちゃん。

あ~ぁ、この日も何しに来たんだか?(笑)

高いとこから降りた後はようやくSちゃんも気分が良くなり駅前を散策。

Img_0901

Img_0900

針葉樹とログの家、瓦は石を切り出したままのランダムな屋根。

Img_0899

街中の寄せ植えにはもちろんエーデルワイスが植え込まれていました。

ちなみに九州ではエーデルワイスは難しいですね・・・

私も何度もチャレンジしましたが気温が上がる頃、ダメになってしまいます。

もちろん、今年の春も育ててましたが梅雨にご臨終。

環境の違いって大きいですよ。

この街はエコの街で排気ガスを出す全ての乗り物は入る事ができないそうで車は全て電気自動車。

Img_0907

Img_0898

この車ならそのまんまお花屋さん開けそうなくらいカワイイtulip

そしてちょっと立ち寄ったチョコレート屋さん。

かなり高級チョコレートです。

Img_0909

景色も街もとってもキレイなスイスだったけど、

「お互い高いとこはダメ」

と感じた二人は多分、もうスイスには行かないな・・・・・・と誓った

なんとも悲しい思い出のスイスでした。

Img_0911

さぁ、ジュネーブより高速列車TVGにてラストのフランス、パリへ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ旅行その③ 無理

スイスでの夕食はこちらのレストランにて

Img_0855_2 

Img_0857 

乾杯~note

サラダ

Img_0856 

サーモン

Img_0858

デザートはアイス

Img_0859 

食事はまぁまぁかな?

この日の宿泊場所はスイスの街中にて。

Img_0868 

翌日、スイスアルプスのユングフラウヨッホ(ドイツ語で若い娘)へ登山列車に乗り出発。

スイスのキレイな景色に感動~!

心の中では「ハイジ~!ペーター!」の世界sun

しかし、キレイキレイと喜んでいる私も段々と無口に・・・

Img_0596 

Img_0575 

Img_0871 

インターラーケンと滋賀県の大津市が姉妹関係にあることを記念して運行されている電車の「大津号」に出会いました。

Img_0584 

Img_0584_3 

Img_0615 

そんなこんなでヨーロッパで最も標高の高い3454mの場所へ向かいます。

ほとんどがトンネルの中の急勾配の坂道を登り続け、途中で2駅5分の下車となり、これはトイレ休憩も兼ねて気圧に慣れる為だと言われています。

Img_0610_2 

このユングフラウ駅までの道のりが完成するまでには16年と言う長い歳月がかかった上に爆発事故などがあり、なかなかの難工事だったようです。

Img_0619

Img_0624 

ここがトップオブヨーロッパ!

そしてユングフラウ駅には日本のポストがあり、ここから手紙も出せますよ。

それどころじゃない感じ。なんかフラフラ・・

Img_0635 

そして更に上を目指し、スフィンクス展望台へと・・・

吹雪いて何も見えない!寒い!

もうこの場所が限界・・・

言葉が出ないし息苦しい・・・・・

酸素が薄い!それでも他の人より脈が少ない私なのに

意識がなくなりそう・・・

それでもせっかく来たんだからと周遊コースのアトラクション?があり、とりあえず周る事に。

Img_0626 

スイスと言えばエーデルワイスですよね。

エーデルワイスの花をモチーフにした照明が入口を飾ります。

この辺で既に写真を撮るのが精一杯!

Img_0630 

氷の彫刻があったり

Img_0634 

看板も氷の中。

おやおや・・この時点からかなり体調悪化・・・・・マジ気分悪い・・・・・

半分意識があって、半分無い感じ。

倒れるかも知れん・・こんなとこで?

どうなるんやろう?私・・

そう、多分これが高山病ですよsweat02

これは降りるしかないのです。

この時点で私の心の中で固く誓った事が

「もう二度と山に登らない!!!」

でした。

その後は最悪・・・typhoon

お昼もほとんど食べれず夕食のチーズフォンデュも食べたくない状態。

最後はなんと「チーズフォンデュ」という言葉を聞いただけで吐き気を催し、スイスでの夕食をキャンセル。

ホテルの部屋でお風呂に入り早々に横になって次の日に備えた私でした。

あ~あ、残念なスイス。

何しに来たんだか・・・・・

明日もマッターホルン観光

また3130mの山だし、大丈夫かしら私・・・sweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨーロッパ旅行その② 異常気象の中

今年のヨーロッパは異常気象らしく、ありえない気温sunです。

本当だったらベストシーズンということで、だいたい予定では日中でも26度くらいのはず・・・

汗をかきながらローテンブルクの街中を散策。

Img_0490 

パフォーマンスしてるのわかります?

暑いでしょうね~sweat01

Img_0490_2 

その後、ディンケルスビュールを散策。

Img_0512 

Img_0502 

木組みの家が残る中世の街並みで入ったスーパーに売られていた「おにぎり」に感激。

Img_0511 

ヨーロッパで「ご飯」というものがあっても、日本の美味しいお米とはかけ離れている中、これはどう見ても美味しそうなおにぎりでしょう。

ちょっと食べてみたかったな・・・心残り~sweat02

Img_0506 

ディンケルスビュールの街中にあった雑貨屋さんの店先にこんな大きなバーベナが売ってました。

なんというかワイルドというか・・・

こんなに高くなるバーベナもあるんだ~

Img_0514 

何といっても建物の色がオシャレです。日本だと勇気がいる色ですが(笑)

そして花の演出が素晴らしいヨーロッパ。

Img_0520 

ちょっと覗いてみたけど土は少ないのに花のボリュームが半端ない。

これは気候や石灰質の土の性質もあるのでしょうね。日本だとなかなかこうはいかないですよね。

そしてこの窓辺の花、ヨーロッパではどうして窓辺にこんなに沢山の花を飾ってあるか知ってました?

これは虫を室内に入れない工夫だそうで、室内に入る前にこの花で引き寄せてしまおうという事なのです。

でも・・・います・・・

虫とか蠅とか・・・

レストランに蠅が飛ぼうものなら「蠅!蠅!」と大騒ぎになる日本はなんて衛生的でキレイな国なんだろうと思いますね。

そんなドイツの最後の食事は何と言ってもソーセージでしょう。

Img_0544 

美味しかったです。

でも日本のソーセージ、負けてませんよ!さすがメイドインジャパンだと感心。

ドイツのソーセージと変わりませんから(笑)

ただ、ドイツの柔らかいソーセージは苦手です。

お昼にジャガイモが何らかの形で出てくるヨーロッパ、ジャガイモ嫌いになりそう・・・

昔の人が芋嫌いなの、よくわかるなぁ。

この日はフュッセンにて宿泊。

翌日は白鳥の城「ノイシュバンシュタイン城」へ

ここはオーストリアの国境に近く、ディズニーランドの眠れる森の美女の城のモデルとなったお城です。

Img_0526 

Img_0533 

結構高い場所にあるのでちょっと山登り感覚ですが帰りはずっと下り坂なのでピスタチオのアイスクリームを食べながら下りました。

Img_0543 

美味しい~~~♪

この日の気温は38度、灼熱地獄でしたが これで疲れも吹き飛んだ~

さてさて、ドイツを後に今度はスイスへと向かいます。

Img_0551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ旅行その① 帰って来てみたら・・・

長い事、お休みして申し訳ありません。

夏期休暇をとってリフレッシュしてきました。

留守の間に日出町の豊岡小学校に落雷があったそうで、自宅の電話回線がやられました・・・

そして今日、久しぶりにお店に来てみたらお店の電話もやられてました・・・

只今修理待ち。

電話は転送掛けてます。

大事なパソコンは大丈夫のようです。良かった~

ヨーロッパは今時期が一番ベストシーズンで暑い九州から出てちょっと涼しく過ごせるかと思いきや、連日の猛暑で36度越えの10日間。

おまけに涼しい所ゆえ冷房が無い所が多く、「やられた~!」って感じです。

1日目、この日は移動日で夕方18時頃フランクフルトに到着。

Img_0810

時差は-7時間なので日本時間の真夜中ということになります。

夜は10時くらいまで明るいヨーロッパ、この日はそのままホテルへ直行です。

翌日は美しい古城やぶどう畑を眺めながらライン川クルーズ。

Img_0390

Img_0392

Img_0397

その後、ハイデルベルクへと向かいます。

Img_0419

ハイデルベルク城からの街は統一感があってとてもキレイ。日本のガーデナーの方にも人気の清楚な原種のロベリアに似た花(ちょっと違うんだな)も咲いていました。

Img_0421

ドイツにもありました!

秋色あじさい

Img_0426

Img_0440

Img_0439

この多肉ちゃん、こんなにワッサリと成長してて5ユーロだって。日本円で680円くらいです。

安い!でもこれはワシントン条約にて持ち込み禁止だから、せめて写真だけ。

朝顔の演出がなんてステキでしょう。

Img_0486

日本のあんどん仕立てとはまた違い、ドイツらしい演出の仕方だと思いません?

Img_0456

Img_0485

そして車!なんてドイツらしい~

日本の痛車のドイツ版ですね(笑)

Img_0487_2

Img_0488

Img_0493

マルクト広場でトマトとネクタリンを買ってみました。

ミニトマトとかは房売りなんです。

日本なら透明のケースに詰められてるけどそのまんま。

でもどちらもジューシーでとても美味しくって感動!!

あまりの美味しさにネクタリンを植えたくなった衝動・・・

そしてドイツの本屋さん

Img_0492

この本屋さんに入って孫の創ああとのお土産を買いました。

男の子ってお土産選ぶの大変!

孫の美優みゆにはやっぱりドイツで木のおもちゃを買って帰る事に。

Img_0471

「ドイツ、子ども」と言えばグリム童話や木の積み木でしょう。

夕食は美味しかったですね~

アイゼンフットにて。

Img_0466

Img_0461

Img_0462

先ずシュリンプカクテル

Img_0464

そしてあまりの美味しさに写真撮らずに食べてしまったという・・・

Img_0463

ランプステーキ オン シャルロットソース

ウイズ ポテトグラタン

アンド グリーンビーンズ ウイズ ベーコンロール

こんな絵だけじゃつまらいですよね・・・sweat02

Img_0465

デザートはホームメイドパフェ。

そしてテーブルに飾られた花は菊でした。

Img_0460

日本ではお葬式のイメージですが花のイメージだけで敬遠されるのって花にとっては可哀想な事ですよね。

こんなに素敵に飾れるのに・・・

ドイツのホテルは城壁内にて。

Img_0452

Img_0453

こじんまりと可愛いホテルでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐるっとスペイン番外編

只今12時、お店で急ぎの仕事してます。

もうすぐ日付が変わるのでもう金曜日だな・・・

夜は眠くなるので日頃はとっくに寝ている時間ですが。

さっき一息ついてコンビニ行って、明日の朝ごはんを買ってきました。

実はここ(お店)、家を建てる前に住んでいたので泊まれるんです。

屋根裏部屋があって天窓が付いてるのでハイジに出てくるような三角屋根の部屋にベッドを2つ置いてあります。

ゲストルームとして使ったりしてます。

今日は仕事で私が泊まる事になりましたが、遠くから帰って来た子どもたちが泊まったり、孫の創ああとがお店に遊びに来て昼寝をしたり、Cちゃんもよく泊まってました。

何かと便利。。。

さて、今日はスペインで面白かったものをUPしようと思ってブログを開きました。

道路事情もあってか、スペインでは縦列駐車。

でもこれは無いでしょう・・・と思われる駐車の仕方だけど、こういうのはある意味当たり前の光景らしく、バンパーはそういうものらしい(どういうもの?)

P1000353

どうやって出るんだろうと思ったら、無理矢理出るそう。

おおらかですね~♪ って日本じゃありえん・・・

P1000723

この鳥はコウノトリ。童話に出てくるけど、なかなか本物は見れないのと個人的に鳥好きなので思わずパシャ☆

そして

P1000791

パン屋さんです。

木箱に入れられているのは本物のパン。(売れ残りかしら?)

本物のパンを看板に使うなんてスペインらしい~!

そのパンで鳩が食事中でした。

毎日ここに来れば美味しいものが簡単に手に入ると学んだのでしょう・・・

(v^ー゜) あ~面白かった~っnote

ブログ書いてたらもう12時半になった・・・

ぼちぼち片付けて寝ます。おやすみなさい~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧